ヴィンテージマンション特集

ヴィンテージマンション特集

最近話題になり始めた「ヴィンテージマンション」。
価値ある将来への投資が注目されています。

横浜スタイルでは、いち早く「将来ヴィンテージマンションとなる
可能性がある物件を価格が上がる前に購入しましょう」 という
コンセプトで最新の不動産購入スタイルの特集を組みました。

最近 話題になり始めた、「ヴィンテージ」とは?

日本のマンションの場合、半世紀に満たない歴史の浅さ からして、その考えを当てはめることは少し困難かもしれません。
特にみなとみらい周辺は近年、急速に開発してきています。
「ヴィンテージ」を厳格に定義付けすることは、おそらくあと数十年経たないと難しいのではないかと思います。
が、【横浜スタイル】が目を付けたのは、ソコです。
将来ヴィンテージマンションになる可能性があるマンションをヴィンテージマンションになって価格が上がる。 その前に、購入することなのです。

将来 「ヴィンテージマンション」になる条件とは

1)敷地内の植栽やパティオ、外壁、エントランス、ロビー、廊下、眺望スペースやゲストルーム等の共用部分のどれもが一定のレベルを満たす質感と耐久性があること。
2)「管理のクオリティーが高い」こと。管理会社や警備会社の管理ではなく、住み手の意識とマナーあっての自主的管理のクオリティーが高いこと。
3)一番大切なのが「住民の愛着」があること。年月かけてヴィンテージに仕上げていくのは、住民の「住まいへの愛着」に他ならないのです。

このように横浜スタイルは考えます。

東京カンテイのデータから、全国1位となったのは、広尾ガーデンヒルズサウスヒルD棟(東京都渋谷区)です。 1986年に竣工したこの物件、当時の坪単価426万円が、20年経った今現在の中古流通価格では535万円と なっております。なんと約1.26倍に値上がりしているというから驚きです。 「ヴィンテージマンションの定義というのは簡単ではないのです。横浜・みなとみらいでヴィンテージマンションを 探す為には前途した3つの内容が大切になってきます。

この特集の物件一覧を見る

ページトップへ戻る