仲介手数料半額で不動産購入

お客様の住み替えタイプはどのパターン? 売却・購入 セカンドライフのためのご提案

古い体質の不動産業界にも自由競争の波が来ています。
証券会社・銀行・大手家電業界・サービス業・製造業のすべての業界で効率を上げて、手数料や価格を下げる努力をし、自由競争をしています。
不動産業界のみ旧体質が抜けきらないのが現状なのです。

不動産の仲介手数料は3%+6万円が適正価格なのか?
横浜スタイルは疑問を持ちました。

今は、情報が共有化されインターネットが普及しています。今迄の紙媒体(情報誌やチラシ)での広告をインターネット広告に絞り込む事にしました。
紙媒体の広告が大半を占める業界です。大手の不動産会社は新聞折り込みチラシを多いところで毎月週に複数回、数百万円規模の広告費に使っています。
横浜スタイルは、月々の紙媒体の広告費比率を極力低減し、チラシ等には基本的に頼らないようにしました。

インターネット広告に重点を置き、広告費を削減しつつお客様が本当に欲しい物件に出会え、更に詳しく新鮮な情報や写真を確認出来る環境を当社のホームページに設定する事、物件データ更新スピードの効率化を実現する事に成功しました。
お客様全員が何時でも、何処でも、瞬時に新鮮な物件情報を入手できるWeb環境です。
この広告経費をかけない効率効果分を皆様に還元するようにしたのです。

例えば、(価格はわかりやすいように価格は税別価格といたします。)

4,000万円の新築一戸建てを購入した場合

  • (正規手数料)4,000万円 × 3% + 6万円 = 126万円
  • ( 当 社 )4,000万円 × 1.5%+3万円 = 63万円

差額の 63万円当然のお得です。

5,000万円の新築一戸建てを購入した場合

  • (正規手数料)5,000万円 × 3% + 6万円 = 156万円
  • ( 当 社 )5,000万円 × 1.5%+3万円 = 78万円

差額の 78万円当然のお得です。

  • ※ 中古一戸建て、中古マンション、土地等の売買に関しては物件調査費がかかってしまうため、当社規定により、仲介手数料を物件価格の 2% + 6万円 とさせていただきます。

4,000万円の土地を購入した場合

  • (正規手数料)4,000万円 × 3% + 6万円 = 126万円
  • ( 当 社 )4,000万円 × 2% + 6万円 = 86万円

それでも差額の40万円、当然お得です。

5,000万円の中古一戸建てを購入した場合

  • (正規手数料)5,000万円 × 3% + 6万円 = 156万円
  • ( 当 社 )5,000万円 × 2% + 6万円 = 106万円

それでも差額の50万円、当然お得です。

当社でご購入していただいた場合の仲介手数料は上記のようになります。ご購入する不動産は同じでも、仲介する業者が違うだけでこれだけの手数料の差がでます。
IT技術・Webサイト間のつながり・HPの入り易さ・使いやすさを高いレベルで活用し実現したシステムがあってこそ実現できることです。

これが旧体質の不動産会社とは違う 横浜スタイル のアプローチなのです。

当然のことながら、安いからといって手を抜くわけではございません。作業効率を上げて、時間の余裕を作り出し、その部分をライフカスタマー・サティスファクション(生活顧客満足度)の一環としての仲介手数料半額システムに反映させています。
更に詳細なご説明は仲介手数料ページをご確認ください。

是非とも、ご利用ください。

ページトップへ戻る