仲介手数料半額を ではなぜ可能なのか?- が選ばれる3つのスタイル

横浜スタイルが選ばれる理由
1仲介手数料

仲介手数料半額に。法定上限価格の半分に。

みなさんが、物件を探してらっしゃるその段階で既に目に見える私たちの「スタイル」、それがこの「仲介手数料1.5% + 3万円(法定上限3% + 6万円の半額)」。これで当社に決めていただくお客様は、正直多いです。つまり「横浜スタイルを選ばれる理由」ランキングの堂々No.1です。

新聞折り込みなどの広告費を削減し、ネットに絞り込み

WEB戦略による合理化で、コスト(特に広告費)の大幅削減が可能に

業界の慣例、仲介手数料「3% + 6万円」は妥当ではない

仲介手数料「3%+6万円」は妥当ではない イメージ

仲介手数料は、不動産価格の3%+6万円(速算法)とするのが常識のように思われています。
しかしこれはあくまでも、「これより高く取ってはいけない」という手数料の法定上限であって、それが絶対的な額ではないのです。これは適正な価格とは言えません。
私たちはまずそこから見直していきました。

なぜ「1.5% + 3万円」が可能なの?

不動産業の2大コストは、人件費と広告費です。特に広告費は、みなさんが新聞折込や自宅ポスト投函などで日々頻繁に不動産広告を目にされるように、各社相当額を広告費につぎ込んでいます。広告費の削減を検討した結果、私たちは広告をインターネットに絞り込むことにしました。

無駄な投げ込みチラシ、新聞折込を廃止し、広告を撒く人件費、紙代、印刷代を根こそぎカット。そうやって広告のスタイルを大転換し、不動産業界の常識ともいえる過剰な広告コストを大幅に削減、その結果、仲介手数料を抑えることが可能となったのです。

また二次的効果ですが、インターネットを核としたために、物件情報更新のスピードアップ、さらには物件の売買のサイクルも飛躍的に短期化され、より多くの物件を扱えるようになりました。これにより業務になんら無理をすることなく、現在の仲介手数料1.5%+3万円が実現できています。

最後になってしまいましたが、実は中古一戸建て・マンションなどと土地の購入・売却に対する仲介手数料につきましては、残念ながら「1.5%+3万円」を実現できておりません。また、一部の不動産については、仲介手数料を3%+6万円(税別)を頂く事があります。物件の適正な評価をするための物件調査費用がかかるのと、売主様から要望される広告等の費用発生により、コストが増大するのがその理由です。だからといって「3%+6万円」を肯定するつもりはありません。単にお安くするだけでなく、旧来の仲介手数であったとしても、お客様に何らかの形で還元することができるよう、私たち横浜スタイルは考え続けています。

横浜スタイルだと、たとえば手数料は、具体的にどのくらいになるの?

4,000万円の新築一戸建てを購入した場合(わかりやすいように価格は税別価格とします)

  • (3%+6万円) 4,000万円 × 3% + 6万円 = 126万円
  • (横浜スタイル)4,000万円 × 1.5% + 3万円 = 63万円

差額 63万円分 お得となります

5,000万円の新築一戸建てを購入した場合(わかりやすいように価格は税別価格とします)

  • (3%+6万円) 5,000万円 × 3% + 6万円 = 156万円
  • (横浜スタイル)5,000万円 × 1.5% + 3万円 = 78万円

差額 78万円分 お得となります

  • ※ 中古一戸建て、中古マンション、土地等の購入・売却に関しては、物件調査費がかかるため、仲介手数料を物件価格の2% + 6万円とさせていただきます。
  • ※ 一部の不動産については、仲介手数料を3% + 6万円(税別)を頂く事があります。尚、該当物件については弊社スタッフにお問合せ下さい。

購入、あるいは売却する物件(中古一戸建て、中古マンション、土地など)が4,000万円の場合(わかりやすいように価格は税別価格とします)

  • (3%+6万円) 4,000万円 × 3% + 6万円 = 126万円
  • (横浜スタイル)4,000万円 × 2% + 6万円 = 86万円

それでも差額 40万円分 お得となります

購入、あるいは売却する物件(中古一戸建て、中古マンション、土地など)が5,000万円の場合(わかりやすいように価格は税別価格とします)

  • (3%+6万円) 5,000万円 × 3% + 6万円 = 156万円
  • (横浜スタイル)5,000万円 × 2% + 6万円 = 106万円

それでも差額 50万円分 お得となります

  • ※ 当社でご購入していただいた場合の仲介手数料は上記のようになります。
    ご購入する不動産は同じでも、仲介する業者が違うだけでこれだけ手数料に差がでます。

ページトップへ戻る