住宅ローンを借入れる時の鉄則

ここでは住宅ローンの鉄則をお話しさせていただきます。
まず、借り入れ年数ですが基本的には最長で組むことをおすすめします。
というのも現在はどこの銀行も繰り上げ返済がしやすいシステムになっています。

中にはネットバンキングなら手数料無料のところもありますし、何より自分のペースで返済ができます。「自分たちは毎月の支払いから計算しても20年ローンで大丈夫。」という方もなるべく最初は35年をお勧めいたします。
最小の月額返済で生活設計を組んで実際に行ってみていただき、ゆとりがあれば、貯蓄し、繰り上げ返済すればいいのです。
返済期間の繰上げ、短縮は容易ですが、期間延長は難しい事が多い様です。

金利に関しても当然ですが0.1%で安く借りるのは鉄則です。
例えば4,000万円借り入れた場合に金利が1%上がってしまったとしましょう。35年総返済額が少なくとも820万円は違ってきます。
高級外車が購入できてしまう価格です。
たかが0.1%、でも返済金額に計算すると・・・実感が湧いてきます。
安く借りることの大切さ、重要な要素ですね。

銀行は1%、更にすごいところですと1.7%まで店頭金利から引いてくれる銀行もあります。銀行によって保証料なしや優遇幅に差があります。
当社には住宅ローンアドバイザーがいます。お気軽にご相談ください。

固定金利のメリット・デメリット

  • 適用金利が変わらないため、低金利時に借りれば、将来の金利上昇リスクをヘッジできる。
  • 返済額が一定のため、家計管理しやすい。
  • 金利下降期に借りると、結果的に金利負担が大きくなる可能性も。

金利が低下して金利差が一定以上になったら、借り換えも検討しましょう。

変動金利のメリットデメリット

  • 低金利期や金利下降期には低金利メリットを享受できる。
  • 返済額は5年間変わらないため、 急激な金利上昇期には未収利息が元金に組み込まれ、元金が増えることも。
  • 適用金利が上がると毎5年に返済額がアップする。

固定金利を選ぶのがセオリー

どのタイプの金利を選択するかは、住宅ローン選びの重要なポイント。
一般に、住宅ローンは高額で長期の借入れになるので、固定金利がセオリーとされています。固定金利は借入時に返済までの金利が決定します。つまり、毎月の返済額と、総返済額の上限が決定されるので、毎月の家計管理もしやすく、老後生活資金のプランニングもしやすくなります。

固定金利を選択した場合のリスクは、借入後にさらに金利が低下すると、結果的に金利負担が大きくなるという点。ただし、このリスクは低金利のものに借り換えを行うことによってある程度防ぐことができます。将来、借換えがしやすいよう、なるべく繰上げ返済を行ってローン残高を減らしておくなどの対策も必要です。

変動金利、固定金利選択型の利用方法

変動金利や固定金利選択型の商品は金利が低いことが魅力である一方、金利上昇リスクを抱えます。この金利上昇リスクを少なく抑えることができれば、利用価値は高まります。

少額であればリスクは小さい

30年返済、1%で借入れた場合

<借入額1000万円> 毎月返済額 32,164円

金利が3%になると
毎月返済額 41,147円( +8,983円)
4%になると
毎月返済額 46,123円(+13,959円)

<借入額3000万円> 毎月返済額 96,492円

金利が3%になると
毎月返済額 123,440円(+26,948円)
4%になると
毎月返済額 138,368円(+41,876円)

このように、金利が上昇しても借入額が少額であれば返済額のアップ額も小さくて済みます。
金利上昇の際でも、対応できる増額であるかどうかをあらかじめ検討しておきましょう。

ページトップへ戻る