不動産のプロが見る物件のポイントを公開

実際に物件を見る際のポイント

実際に物件を見に行った際にチェックすべき事項をリストにしました。
是非、実際使用してください。

「環境」

  • 電車・バスの本数、乗り継ぎはもちろん通勤時のアクセスもチェックする。
  • 最寄りの買物施設・病院・銀行・警察のチェック
  • ご近所の家の車をチェックしましょう。生活環境がわかります。高級車が多すぎるのも考えものです。
  • 周辺の空き地に建物が建つ予定がないか?
  • ごみの収集場所と管理
  • 用途地域の種類と開発計画

「建物」

  • 日照状況はもちろん、空気の通りの確認
  • 隣家の窓とこちらのリビングや寝室の窓が対面していないことの確認
  • 建ぺい率と容積率の余裕はあるのか?
  • 車庫入れは難しそうでも住めば慣れると思います。大切なのは段差や高さの確認。
  • 床下収納をあけて基礎はチェックしましょう。
  • 具体的な家具の配置も考えて見ましょう。

必ずデジカメ・方位磁針・周辺地図はもって行きましょう。
購入するまでに数多くの物件を見ると思います。忘れないように建具とキッチン・お風呂は撮っておきましょう。

ページトップへ戻る