横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 身体障害者でも住宅ローン組めますか?

女性からの質問

身体障害者でも住宅ローン組めますか?

当方、車椅子利用の身体障害者です。

安定的な収入は年収350万円ありますが住宅ローンは組めますか?
身体障害者ということで何かネックになることはありますか?

お金やローン / 住宅ローン / 変動金利 / フラット35 / 金利優遇 / 銀行比較 / 都市銀行 / 地方銀行 / ネットバンク

問題となるのは、融資の条件となっている団体信用生命保険に加入できるかどうかです。
団体信用生命保険は債務者が死亡した際に、生命保険で住宅ローンを相殺するための生命保険です。

生命保険なので当然、健康状態を問われます。
障害の程度にもよって、加入できるかできないか判断が異なりますので、物件探しの初期段階で一度審査をしてください。

加入できなかった場合でもあきらめる事はありません。
フラット35は団体信用生命保険の加入が任意です。
つまり、フラット35を使えばローンを組める可能性は飛躍的に上がります。

ただし、フラット35を使用する場合、購入する不動産に制限がかかります。
住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅である必要があります。
つまり、金融機関が団体信用生命保険で支払いリスクを回避できないので、その不動産の価値をしっかりと確認します。という事です。

気になった物件がフラット35に適用していないと購入ができないので、物件選びには注意が必要です。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る