横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 3年前に300万円ほど借金をしてしまいました。完済はしていますが、ローン借りられる?

女性からの質問

3年前に300万円ほど借金をしてしまいました。完済はしていますが、ローン借りられる?

事情で3年前に300万円ほどキャッシングしていました。
いまは完済しています。

結婚してマイホームを購入しようとしているのですが、過去にキャッシング履歴があったら住宅ローンの審査は通らないかもしれないと友人いわれました。
これは本当でしょうか?

お金やローン / 住宅ローン / 変動金利 / フラット35 / 金利優遇 / 銀行比較 / 都市銀行 / 地方銀行 / ネットバンク / 事前審査 / 本審査 / 金銭消費貸借契約 / 決済

結論から言うと、キャッシングを利用した過去があっても住宅ローンは組めます。

では、住宅ローンが組めない場合と言うのはどんな場合でしょうか?
まず非常に厳しいのは、延滞などの事故履歴がある場合です。「返済をうっかり忘れることぐらい、誰だってあるでしょ?」と思われるかもしれませんが、キャッシングの事故履歴は信用情報機関に登録され、5年間は残ります。

住宅ローンの申込をする前に、信用情報機関の開示請求をして、自分の信用情報がどのようになっているのかを確認しておくと良いかもしれませんね。
もし事故履歴があってもローンを通したことが何度もありますので、その場合は個別相談をご利用ください。

「キャッシング歴があると、審査に落ちる」という都市伝説が広まっていますがキャッシング利用履歴があっても、住宅ローン審査には影響しません。

単純に、過去に返済事故歴がなく、住宅ローンを組んでも返済に問題が発生しなければ大丈夫ですよ。

サラ金・カードので多重債務状態に陥っていれば審査に落ちますが、世間一般的な利用だと、気にする必要はありません。

金融機関における住宅ローン審査は、人の審査(属性、支払能力等)と物件の審査(担保評価)の2つに分かれます。

人の審査においては、勤続年収、勤務先、年収、家族構成等で支払能力を総合的に判断します。その中で金融機関は返済比率を重視します。

返済比率とは、年間のローン支払額を年収で割ったものをパーセントで表した比率です。
キャッシングによる借入や、オートローン等のその他借入がある場合には、同じ年収でもローンの支払に回せる分が少なくなるので返済比率が上がります。

年収が540万円であれば、返済比率は35?40%に収まっていれば住宅ローンを組むことはできると思います。

仮に、借入機関35年、審査金利4%、返済比率35%で、住宅ローン借入可能金額を概算すると、およそ3550万円程度になります。

同条件で返済比率を40%まで見てもらえれば、借入可能金額は4060万円程度になります。

また、フラット35で審査をした場合は実行金利が審査金利となるので、10月の金利2.64%で借入可能金額を概算するとおよそ4310万円程度になります。

過去のキャッシング履歴等に関しては、延滞等がなく、既に解約しているのであれば特に問題はありません。

キャッシングの利用履歴があるからマイナスではありません。

心象的にはショッピングの利用よりは悪いですが、そこまでネガティブのものではないですし、現在は完済をして解約をしているので問題ありません。

住宅ローンの借入をするのにあたり、キャッシングの利用があると返済率の計算として返済額を算入しないといけないので、場合によってはマイナスになると言う事です。

カードローンも同じ内容です。

基本的に、信用情報の記録として事故情報、延滞履歴が数回、専業会社(消費者金融)の利用がなければ問題ありませんので、安心して下さい。

キャッシング履歴自体はマイナスにはならないと思います。
住宅ローンの審査で、銀行側が信用情報機関に問い合わせれば延滞等がなく、現在利用していない&解約したということがわかるので無問題です。
ショッピング完済後、解約したことは住宅ローン申し込みに有利です。
何故なら、クレジットカードは解約しない場合、使っていなくても持っているだけで利用していると見做されるからです(限度額分)
完済して半年経過しているので信用情報機関には記録が残っているでしょう。
以上のことから延滞等がなければ、繰り返しキャッシングしたりショッピングしても完済済みなので無問題です。

キャッシング履歴があったとしても全く問題なく住宅ローンを組んでいる方はたくさんいます。

しかし、もしも過去のキャッシング履歴の中に延滞歴がある場合は話が別です。延滞歴があるということは、経済的に返済するだけの能力が無いと客観視することができますし、きちんと返済するだけの経済力があるにもかかわらず延滞歴があれば住宅ローンでお金を貸す側からするときちんと返済してもらえないのではないかと判断されてしまうからです。

ですので、住宅ローンの審査を受けたいけれどキャッシング歴の中に延滞歴があるようだと審査が厳しくなるものだと考えたほうが良いでしょう。

ちなみに、キャッシングの履歴というのはおおよそ5年程度で履歴が抹消されるとされています。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る