横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 相続した家を売却したいが、そのときにかかる税金はどれくらい?

女性からの質問

相続した家を売却したいが、そのときにかかる税金はどれくらい?

先日父が亡くなり、家を相続することになりました。
しかし、家は実家で私は遠方のため、そのまま売却しようと思います。
しかし、相続からの売却では譲渡益が出て、所得税対象になると思うのですが、その算出が分かりません。

どのように調べればよろしいでしょうか?

お金やローン

不動産は本来、売却を行うと所得になりますから、所得を得た場合には、所得税と住民税が掛かります。
この所得を譲渡所得といいます。
譲渡所得は、以下のように計算されます。

譲渡所得=売却代金-不動産の取得費(不動産価格、仲介手数料や登記費用など)+不動産の譲渡費(広告費、抵当権抹消登記費用等)

となります。

しかし、居住用不動産の場合、当時の購入価格よりも値下がりして販売しているので、だいたい譲渡所得はマイナスになり、結果的には譲渡所得を得られない為、大半の場合は税金は掛かりません。(仮に譲渡所得が出た場合でも特別控除などの特例があるため、譲渡所得は掛からないケースが多数あります)

一方で、相続の場合は不動産を購入した費用がかかってない為、売却時に譲渡所得が発生し、これによって所得税と住民税が掛かります。
これによってよくある、相続税が高くなったおかげで、相続資産を物納することが起きてしまいます。

こうならないように、3000万円特別控除や2015年度からは、5000万円に増額した特別控除という特例措置が実施されています。
特別控除を適用させるには、相続にあたって司法書士の先生に手続きを行っていただくのが最適ですので、このへんは相続が発生する場合に不動産会社か司法書士の先生へご助言をお伺いするのがベストです。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

  • 「お金やローン」カテゴリーで、人気の住宅購入ノウハウ

    Sorry. No data so far.

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

関連記事はありません。

ページトップへ戻る