横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | キャンセル物件の支払いについて

男性からの質問

キャンセル物件の支払いについて

契約を破棄したいと考えています。
既に契約はしておりまして手付金を支払い済みです。
このあとは住宅ローンの契約待ちになります。
この状態でキャンセルをしたいのですが、どういう費用が発生しますか?

また簡単に費用の出し方があれば教えて下さい。

お金やローン / 仲介手数料 / 契約や法律 / 申込 / 契約 / 重要事項説明 / 媒介契約 / 登記 / 仲介手数料 / 決済

基本的に契約書の約定通りになります。

①手付け解除期日が設定されていて、その日以前であれば支払った手付金を放棄する事で解約が可能。
期日が過ぎている場合は違約金を支払った上で解約。

②手付け解除期日が設定されていない場合は、契約の履行に着手していない場合であれば手付金を放棄する事で解約が可能。
履行に着手している場合は、違約金を支払った上で解約。

あとは、売主・買主・仲介業者で話合いになります。

契約内容の確認をしないと、正確なことをお伝えすることができません。
ただ、内容を察すると、違約金が発生することが予想されます。
手付解除期日が過ぎているためです。
違約金の額については、「売買代金の10%」「売買代金の20%」の場合が多いです。
手付金を支払っているので、違約金の額との差額を売主に支払うことで、契約を解除することができます。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

  • 「契約や法律」カテゴリーで、人気の住宅購入ノウハウ

    Sorry. No data so far.

  • 「お金やローン」カテゴリーで、人気の住宅購入ノウハウ

    Sorry. No data so far.

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る