横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 辻堂海岸沿いに住みたいのですが、津波が心配です

男性からの質問

辻堂海岸沿いに住みたいのですが、津波が心配です

生まれも育ちも茅ヶ崎です!休みの日は辻堂海岸でサーフィンを楽しんでます!TUBEやサザンオールスターズも好きなので、辻堂海岸沿いに戸建を立てて、引き続き湘南ライフを満喫したいと考えております!ですが、東海地震が発生したら、津波に流されてしまうのでは無いかと心配で仕方ありません。正直この地で不動産購入するべきかどうか、今一歩踏み出せないのが現状です!実際のところはどうなのでしょうか?教えてください!

契約や法律 / 立地 / 眺望 / 購入ノウハウ / サイト閲覧 / 下見 / 不動産屋選び / 一戸建て / 土地 / 近隣 / 立地 / 眺望

湘南の海沿い。憧れますね!
東海岸の公園、私も大学時代にサーフィンで良く訪れました。

海沿いの住宅の場合、やはり懸念されるのは津波。
万が一起ってしまった場合、これだけは避けられません。

東日本大震災で到達した津波の高さは、最高到達点で40.5mです。
仮に同じ規模の津波が来た場合をチェックしてみてください。

こちらのサイトで海抜をチェックできます。
http://www.mapion.co.jp/m/35.33578_139.49430806_7/

鎌倉や七里ガ浜の様に起伏のあるエリアであれば、
オーシャンビューのローケーションで海抜40.5mを確保できますが、
辻堂エリアでは、国道1号線より北。
海抜40mを確保するのであれば、湘南ライフタウン近辺まで行かないと
津波からの完全な安心は得られません。

とはいえ、そこまで奥に行くとオーシャンビューはおろか、
海まで徒歩圏内は不可能です。

とは言え、山に行けば山なりの地震のリスク(土砂災害や地滑り等)が高まります。
どこに住めば安心かという答えはありません。

実際に東日本大震災の際、倒壊しなかったRC造の海岸沿いの戸建てもあれば
福島の原発の様にRC部分が流されてしまうなんていうケースもあります。

地震保険というリスクヘッジはありますが、現在の地震保険の内容で100%の原状回復
は難しいです。

311直後は、海岸沿いの地価が下がり、国道1号線より北に人気が集中しましたが、
現在は元に戻り、海沿いが人気を取り戻しております。

リスクと、生活スタイルのバランスは、その世帯ごとに考え方が違いますので
思い描く湘南ライフとそのリスクを、ご家族で良くご相談されてください。

私個人的には、海岸沿いに住みたいです。笑

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る