横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 不動産売却後に掛かる税金について

男性からの質問

不動産売却後に掛かる税金について

とても公表し辛い話ではありますが。。
先日ですが、10年間の結婚生活にピリオドいたしました。

7年前に中古マンションを購入いたしましたが、離婚により妻も子供も出ていってしまいました。色々な思い出が詰まっており、夜一人になると、精神的に辛くなってしまうので、この度ですが売却を決意いたしました

2000万円で売却することができ、新しいオーナーさんに引渡し済みです。
全く無知の状況で売却したのですが、ここで得ることが出来たお金は、課税対象となりますでしょうか?
またいくら位の税金が掛かるのでしょうか?

お金やローン / 税金 / 固定資産税 / 登録免許税 / 不動産取得税 / 相続税 / 消費税 / 税制優遇 / 売却 / 譲渡所得

詳細が分からないと課税対象となるかどうかをお答えすることができません。
ただ、基本的には、
「売却価額-取得費=課税譲渡所得金額」となり、
購入した時の価格がポイントになってきます。
購入金額が不明の場合の取得費は、
「売却金額×5%」となるため、
課税対象額が大きくなってきます。
居住用財産であれば「3,000万円特別控除」の特例もあり、
こちらが適用される不動産であれば、課税されることはないでしょう。
細かいところですと、取得した時と売却された時の諸経費も計算の対象になったり、
建物の償却費などもあるため、詳細を計算しないとなかなかお答えすることができないところです。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る