横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 事前審査と本審査の違いは何?

男性からの質問

事前審査と本審査の違いは何?

なぜ二回も審査をするのでしょうか?

お金やローン / 住宅ローン / 銀行比較 / 都市銀行 / 地方銀行 / ネットバンク

事前審査⇒物件契約前に行える仮審査です。
借入可能額、借入年数、金利優遇等の融資条件の確認ができる仮審査です。
住宅ローン融資のテーブルにのるかどうかの1次審査のようなレベルです。
事前審査後に対象物件や何かご本人の条件が変われば融資条件が変わる可能性は有ります。
事前審査では団体信用生命保険の告知も行っていないので確実な融資承認ではありません。
住宅ローンは団体信用生命保険とセットになっている商品で基本的に切り離せません。
そのため保険に加入できなければ融資も否認されます。

本審査⇒物件契約後でないと行えない審査です。
物件契約後なので対象物件、ローン契約日、融資日等も確定します。
事前審査と同様で借入可能額、借入年数、金利優遇等の融資条件が確認できますが、団体信用生命保険の告知も行うため、承認が下りれば確実な融資承認となります。
そのためローン特約期日の対象の審査結果は事前審査ではなく、本審査の承認となります。

事前審査とは
あくまで事前となりますので売買契約締結前のお話となり
イメージとしましては借入れ額や借入れ年数などの目安審査となります。
安心のための事前審査という認識が一番わかりやすいと思います。
個人情報の閲覧をメインとした審査です。

事前審査で問題がなければいくらまで不動産を探す事ができるなど
の内容がおおよそわかると思います。

上記内容を踏まえ物件を探し始めました。

そして良い物があったとします。
売買契約を締結しました。
ですが銀行ローンを使う場合は融資してもらわなくてはなりません。
次の段階としてくるのが本審査となります。
事前審査から継続となりますが
本審査には売買を締結しました書類を添付しなくてはなりません。
本審査へ進行する場合は必ず、売買契約書等は必要書類となります。
なぜなら、
本当に不動産を購入したか不明だからとなります。
融資した金額を持って自由にその融資金を使われてしまうと銀行側は困りますので
うそや偽りができないように必ず、売買締結をした書類を提出します。

まとめ、事前審査はあくまで安心のためにやる打診です。

本審査はご購入する不動産が決まったので
本審査=本当に不動産を購入したので融資してほしい=そのためには本審査が必要となります。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る