横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | ファイナンシャルプランナーさん教えて!不動産購入した方が金銭的にお得!?

女性からの質問

ファイナンシャルプランナーさん教えて!不動産購入した方が金銭的にお得!?

賃貸と不動産購入どちらがお得かというキーワードでインターネット検索しても、沢山の意見が分かれていて、どちらがお得なのか分かりません。実際のところ、どうなのでしょうか?ファイナンシャルプランナーの人にお尋ねしたいです。

お金やローン / ライフプラン / ファイナンシャルプランナー / 固定資産税 / 住宅ローン / 金銭消費貸借契約 / 賃貸 / 賃料 / 更新 / 更新料 / 購入ノウハウ / 諸経費

この質問、答えは出ません(笑)
条件をどのように設定するかで「賃貸が有利!」とも「売買が有利!」ともどちらと
も言えます。

計算方法としては

【賃貸総額】
残りの生きるであろう年数 × 12 × 家賃 + 更新回数 × 更新費用

【売買総額】
購入物件価格 + 住宅ローン金利 + 諸経費 + ランニングコスト

この差額がどれだけになるかを計算する事になります。

※両方のパターンの一例を見て行きましょう。

①賃貸有利、お得にする条件
・世帯主年齢47歳、4人家族 平均寿命で計算
・賃料:10万円/月

・物件価格:4,600万円
・金利フラット35使用(2%)
・諸経費:322万円
・固定資産税:20万円
・修繕費(30年ごと:100万円)

◆賃貸総額:4,944万円
(80歳(平均寿命)-47歳)×12万円×12 + 更新16回×12万円

◆売買総額:7,482万円
返済総額:63,999,967円
諸経費総額:322万円
固定資産税総額:660万円
修繕費用総額:100万円

【賃貸の方が2,538万円お得!!】

②購入有利に見せる条件
・世帯主年齢32歳、4人家族 平均寿命で計算
・賃料:現在12万円/月
・物件価格:4,600万円
・金利:都市銀行最大優遇値(0.675%)
・諸経費:322万円
・固定資産税:20万円
・修繕費(30年ごと:100万円)

◆賃貸総額:8,700万円
(90歳(想定平均寿命)-32歳)×12万円×12 + 更新29回×12万円

◆売買総額:5,623万円
返済総額:4,616円(5,166万円から繰り上げ返済で金利節約▲150万円、ローン控除
400万円)
諸経費総額:322万円
固定資産税総額:585万円(5年間減税措置)
修繕費用総額:100万円

【購入の方が3,077万円お得!!】

いかがでしょうか?
盛り込む数値が少し違うだけで、正直どちらにでも変わります。

さらに賃貸を勧める人であれば、
・35年も借金返せるの?
・金利は?
・年金でローン返せるの?
・絶対に引っ越さないの?,,,,,,,etc

と、こんな話を持ち出します。

売買を勧める人は
・ローンが史上最低の金利かつ、物件も底値だから大丈夫!
・土地が資産として残るし家賃もったいないでしょ?
・年金で賃料払えるの?
・ローン控除で400万円戻ってくるし、残った土地の価値考えると、実質全然安いで
しょ?
・賃料もったいないでしょ?,,,,,,,,etc

不動産屋ではないFPの私でさえ、これぐらいは思いつきます(笑)

なので冒頭の結論に戻りますが、この質問に関して言えば、一般値という答えは存在
しません。

【あなたにとってはどちらが有利か。】

見渡せる条件や希望、住みたいエリアの相場、金利、繰り上げ返済、頭金、年齢、家
族構成、、、
全てを試算に入れた状態で、あなたのオリジナルの計算式を作らないと、答えは出ま
せん。

損得だけで住宅購入、不動産を考えると、絶対に失敗します。

悩みや質問を1つ1つひも解いて、答えを導き出してください。
我々FPや不動産仲介業の営業マンは、そのコンサルティング、お手伝いをするために
いるのですから!!

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る