横浜に賢く家を買うためのセミナー「スタミナ」。横浜スタイルが開催するセミナーです。

家を買う前に知っておくべきノウハウ | 排水管が破損!売主さんに改修を依頼出来る?

男性からの質問

排水管が破損!売主さんに改修を依頼出来る?

新築戸建てを昨年9月に購入し、12月に入居しました。洗濯排水管に破損があり、漏水していることが発覚しました。それに面した部屋壁が水につかりカビが発生しました。明らかに売主さんの施工ミスだと確信しております。売主さんに無償で全面改修いただくことは可能でしょうか??

一戸建て / 新築戸建 / 構造 / 契約や法律 / 契約 / 重要事項説明 / 瑕疵担保 / 瑕疵 / 事故物件

宅地建物取引業者が売主の場合の新築戸建てがほとんどだと思いますが、その場
合の売主の負う瑕疵担保責任には2つあります。
1、住宅品質確保促進法に基づく保証
2、民法・宅地建物取引業法に基づく保証
になります。

1に関しましては、期間は引渡しの日から10年間になりますが、補償範囲は主
要構造部に限られます。新築戸建ての場合、構造体力上主要な部分及び雨水の浸
入を防ぐ部分。洗濯機の配水管の瑕疵は含まれません。

2に関しましては、宅地建物取引業者が売主の場合、一般的に「引渡しの日から
2年間」保証とされることが多いです。保証範囲は隠れたる瑕疵になります。

つまり、このたびの内容は、2が適用されると考えます。
まずは、売買契約書または、請負契約書の内容をご確認ください。

さて、このたびの件が2年以内に発生し、急を要しない場合は売主または請負会
社に連絡し、立会いの機会を与えなければなりません。排水管ですので、急を要
する場合は排水管の修理を行い、後で請求することもできます。ただし、急を要
する部分以外(カビ等)は必ず売主または請負会社に立ち会っていただくのが良
いと考えます。
また、排水管の漏れに伴う他所の損害に関しても、売主または請負会社が修復し
てくれることになるでしょう。

ただし、ご希望されている全面改修がどの程度のものをご要望しているのかはわ
かりませんのでお答えしかねますが、根拠のない部分の改修はなされないと考え
ます。

新築戸建てということで精神的苦痛もあると思います。
契約書には損害賠償できる旨が記載されていると思いますが、売主または請負会
社との話し合いや修復の程度等に納得できない場合は、第三者を入れ話し合い、
それでも納得できない場合は、裁判ということになると思います。

もちろん、担当した仲介会社もアフターサービスの中で、アドバイス等行ないま
すので、仲介業者が入った契約でしたら、ご相談してもよいと思います。
売主または請負会社とは長いお付き合いになるものですので、
誠意ある対応をしていただけると良いですね。

もっと詳しく住宅購入のコツを知りたい方は・・・

この質問に関連する住宅購入ノウハウ

ページトップへ戻る